マンションを売るときの媒介契約とは??

マンションの媒介契約には一般媒介と専任媒介専属選任媒介の3つがあります。売主にとっては一般媒介が有利だといわれています。その理由としては、複数の仲介業者に販売活動をしてもらえるので、自分で納得のいく買い手を見つけることができます。また、自分で買主を見つけ直接売買契約が可能なので、そのときには仲介手数料も発生することはありません。しかしこれは売主にとって一般媒介が一番有利だといえる理由にはなりません。その一番の理由として挙げられるものとして収入面が挙げられます。不動産の収入は売上価格の3%プラス6万円の仲介手数料(媒介報酬)になります。専任媒介や専属専任媒介で自社で買主を見つけることができたとしたら不動産側の報酬は2倍になります。よって、故人で探す場合には一般媒介が有利であるということがいえますが仲介業者に頼るのであれば、専任媒介や専属媒介のほうが嬉しい形態でより力も入るとのことですので、仲介業者を頼むときにはこの形態で媒介契約を進めることをおすすめします。仲介業者にとって一番うれしいと考えられる媒介契約は専属選任媒介です。これでは必ずと言っていいほど媒介報酬が入ってくるので不動産側には人気のものになっています。しかし売主にとっては自分で買主を見つけたとしても必ず業者を通しての契約となり、そこで仲介手数料が発生することになっているので売主のほうから専属選任媒介が選択されることはほとんどありません。よって売主にとって有利な媒介契約となると一般的には専任媒介か一般媒介が有利ということになってきます。では専任媒介と一般媒介ではどちらがいいのでしょうか。専任媒介は基本的に一社に任せるので業者とのやり取りが楽というメリットがあります。仲介業者にとっては他社を通して売却されるという心配もなく媒介報酬が保証されたようなものになりますし、高く売れればそれだけ報酬も高くなるので業者が催促に積極的に動いてくれるというメリットもあります。一般媒介の場合、複数の仲介業者に依頼でき物件情報に追い込まれるというリスクがありません。しかし、業者が複数になるということで、やり取りが面倒になるのがデメリットとして挙げられます。また一般媒介には業者から売主への報告義務がなくなるため、もし状況を知りたかったら売主のほうから知る必要性があります。以上の媒介形態にはそれぞれメリットとデメリットが同じようにあるので、マンションでもアパートでも一軒家でもどんな物件を売るのかによって媒介方法を選ぶのがいいでしょう。駅に近かったり、人気の物件であったりするのであれば売れ筋の物件なので一般媒介で売却することをおすすめします。売れ筋の物件は一般媒介であったとしても業者が販売活動を行ってくれるのです。その理由としてこういった物件は目玉商品となって買い手の目を引き付けやすいという点が挙げられます。売却できれば自社の利益に繋がりますし他社にもっていかれても問い合わせ客をほかの物件に紹介できるので元もとれるということなのです。また駅から遠かったり建物が古かったりといった条件の悪い物件は専任媒介がおすすめです。一般媒介は確実に売れるというものしか販売活動してくれない可能性があるのでそのエリアン強い業者にちゃんと頼む必要性があります。そういった人たちにはお客さんからの信頼も厚いはずです。そういう業者にしっかり売却活動してもらう人養成も今後は高まってくると考えられています。媒介という言葉には2つのものの間に入って仲立ちをするという意味があります。買い手と売り手両方の間に不動産が仲介し利益を検討したうえで販売価格というものを決定してくれます。そうでなくては両方の利害だけが衝突して契約が成立しなくなってしまうからです。このとき不動産が契約書を用意する理由としては、民法上口頭で契約を締結してもそれは正式な契約の成立だとは言わないからです。この媒介契約は売主を保護するものでもあります。それは契約書を用いて物件の取引をしないと買い手が有利になって売主が不利になるということが起こり得るのです。つまり売主を保護するためにこの契約書の書面が必要になるということなのです。それは法律上定められています。売主は以上の内容を契約する前に事前に調べておく必要性があります。専任媒介や専属選任媒介といった一社しか契約できないというものもあれば、一般媒介のように他社にも売却を頼めるというものがあるからです。ちゃんと調べておくことで後々の買主との契約がスムーズに進むことになります。また何か相談事やわからないことがあったらあいまいなまま自分で解釈しようとせずに不動産に聞いてみるといいでしょう。あいまいな知識をそのままにしていると売却時にわからないまま取引が進んだり必要な書類がなかったりなどの状態になりかねません。なので、早めに解決するためにも不動産に聞いてみるというのが一つの手段として挙げられるのです。もしよかったら是非参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です