相続で得たマンションの扱い方。売りたい時はどうすれば良い?

遺産相続、または生前贈与で不動産、その中でもマンションを相続した。
すでに住居を所有していたり、立地などの条件が合わない場合は、そのマンションを売却して現金を得るという方法も良いでしょう。
今は空き家問題も深刻な社会問題となっています。
都市部ならともかく、人口が減るばかりの不便な地方では、不動産を所有しているだけデメリットがあることもしばしば。
不動産は所有して放置する訳にはいきません。
あらゆる不動産には固定資産税がかかります。
固定資産税はマンションも土地建物両方支払う必要があります。
さらに不動産は年月が経てば老朽化します。
誰も住んでいなくても、長年風雨に晒されてしまえば外壁やその他の設備は劣化してしまうでしょう。
セキュリティに問題があれば、浮浪者などが住み着いてしまったり、不良や犯罪集団の隠れ家として使われてしまい、治安が悪化してしまいます。
貸すにしても駅からかなり離れている、建物自体が古かったり、セキュリティなどが一昔前のものだったりする場合は、なかなか借り手が見つからないものです。
賃貸業界も今はかなり苦戦していますので、不動産によほどの売りがない限りは安易な参入はおすすめできません。
不動産貧乏にならないためにも、相続した不動産を今後使用しないと判断した場合は、早急な売却が求められます。
まごまごして何も手を打たなければ、老朽化する一方です。
しかし不動産売買の経験がある人なら分かるかもしれませんが、不動産を売るだけでもかなりの期間と費用が必要となります。
相続で得たマンションを売る場合ならさらに、いくつかの項目に注意して手続きを行う必要があります。
まず名義を元の持ち主から相続人に変更しなければなりません。
相続したらまず真っ先にすることが、この名義人変更ではないでしょうか。
特に売る考えだと、なおさらです。不動産の売却は名義人しかできません。
名義変更のやり方は、法務局へ行き元の名義人と相続人の戸籍謄本など、必要書類を揃えてから手続きを行う必要があります。
費用は戸籍謄本などの必要書類の手数料、登記事項証明書、登録免許税などがあり、不動産の規模などから数千円から数万円がかかります。
名義人変更の手続きは司法書士に依頼できます。
司法書士に依頼となると、上記の費用に加えて司法書士への報酬が数十万円ほどプラスされますので、忙しくて法務局へは行けないなどの場合は司法書士事務所へ相談してから決めても良いでしょう。
マンションを売らずにローンを借りる際の担保、または賃貸にするなどの場合でも、名義変更は必要ですので相続したら必ず名義変更は行いましょう。
名義変更に期限はありませんが、できるだけ早い内に変更しておくべきです。
次に注意するのは税金に関してです。
相続した不動産についての税金関係で注意することは3つあります。
1つは譲渡所得税。
マンションに限らず、相続した不動産を売るなどをして得た収入は、譲渡益または譲渡所得と言い、所得税と住民税がそれぞれかかります。
譲渡所得にかかる所得税と住民税を合わせて譲渡所得税と呼ぶ場合もあります。
譲渡所得は売却して得た利益から、名義変更や仲介手数料など、不動産を売却する際ににかかった諸費用を引いた額です。
登記事項証明書を取得する時に購入した印紙、交通費の領収書などもきちんと保管する必要があります。
譲渡所得税や所得税は当然ながらこの譲渡所得の額によって変動があります。
控除できる項目もありますので、それらをきちんと使って節税に努めると良いですね。
控除など分からないことがあれば、相続した物件を取り扱っている不動産会社など不動産のプロに相談すると良いでしょう。
もう1つの相続した不動産の税金関連で注意するべきことは、所有している期間で税金が違うことです。
不動産の譲渡が行われた年の1月1日を基準として、5年以上の所有を長期譲渡所得、5年以下の所有を短期譲渡所得と言います。
長期譲渡所得の税率は所得税が15%、住民税は5%、短期譲渡所得の場合は所得税が30%住民税は9%となります。
短期譲渡所得の方が倍近く税金がかかるのは、不動産の転売を防ぐためです。
そしてもう1つは、相続税です。
相続に関して相続税は切っても切り離せません。
不動産に関しても相続税はついて回ります。
ただし相続税の一定の金額を不動産の取得費用に加算することも可能で、譲渡所得税が減額され、結果的に節税になるかもしれません。
相続税を不動産取得費に加算するには条件があります。
まず正式に相続して不動産であること。
相続人に相続税が課税されていること。
相続税の申告日から3年以内に売却していることです。
しかしこの条件を満たしていても適応外の不動産もあるので、不明な点があればやはりプロに相談するのが一番でしょう。
不動産に関して分からないまま相続してしまった、という人はまずは不動産のプロに相談することです。
売るか貸すか、それぞれの手続きや税金に関して懇切丁寧に教えてくれます。
ですので不動産を放置は絶対にしないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です